【飾り山笠】 七番山笠 東流

 
                            
表標題

黒田猛将虎退治(クロダモウショウトラタイジ

人形師

白水 英章

内容説明
文禄三年、倭城『機張城』の警備をする為に、黒田長政は朝鮮半島に残留しました。一方、日本と明国は休戦状態に入っていた為に戦が無いので長政は時々家臣を率いて山に入り虎退治(虎狩り)をしていた。文禄三年二月十三日鉄砲を持ち家臣らと山に入った時の様子であります。
 
                          


 

見送り標題

我町大博多(ワガマチダイハカタ

人形師

室井聖太郎

内容説明
今年は博多祇園山笠がユネスコ世界無形文化遺産に認定された記念すべき年となりました。
そこで博多文化をテーマに博多総鎮守櫛田神社を中心に、拝殿の破風を飾る『風神・雷神』を配置し、ユーモアあふれるカラッとした博多っ子の気使いを表し、博多松ばやし 三福神を持って世界の門出を祝うものであります。

総務 中藤 宏太郎
 

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ facebookはコチラ