【飾り山笠】 十二番山笠 新天町

<<飾り山笠紹介

 
                            
表標題

一杖涕涙安宅関(イチジョウテイルイアタカノセキ)
                
人形師

亀田 均

内容説明
今から約八百三十年前、ここは京から北に向かう北陸道にある安宅の関(現石川県小松市)。山伏姿の武蔵坊弁慶が『この迷惑者が』とばかり、強力を金剛杖で打ちすえています。
その様子を見守る関守の富樫左衛門。この疑われた強力こそ主君の源義経です。
既に追討令の出ており、義経一行と発覚すれば捕縛されてしまいます。弁慶は涙を隠し、心を鬼にして打擲(ちょうちゃく・打ちたたくこと)。そして義経はじっと耐えるのでした。
 
                       




 

見送り標題

サザエさん(サザエサン)
                 
人形師

亀田 均

内容説明
長谷川町子先生原作『サザエさん』新聞やテレビで最も長くお茶の間で愛され、暖かさと楽しさと、そして平和な家族の代表のように、誰からも愛され親しまれております。

 
総務:楢崎 慶司

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ facebookはコチラ