櫛田神社



櫛田神社
 
七百七十年の伝統を誇り、全国的に知られる博多祇園山笠は、当社の祇園神(素盞嗚命)に対する氏子の奉納神事であります。博多祇園山笠振興会をはじめ関係各位の努力によってお祭りが年を追うごとに盛んになり、奉仕者として喜びにたえません。

博多山笠は、その昔、蒸し暑い夏を無事に越したいと願う博多の人々によって始められた祭りとされ、運営においては現在に通じる”自治“が重視されたことに特色があります。今年も安全・安心に遂行されることを願っております。

さて、櫛田神社は博多総鎮守にふさわしい神社を目指して、平成十二(二〇〇〇)年の「第四十八回式年遷宮」では本殿、拝殿の改修工事、回廊の新設などに取り組み、また平成十九(二〇〇七)年の「千二百五十年祭」には本殿、拝殿の屋根の葺き替えなどの記念事業を実施。
清楚な社、憩えるたたずまい―に氏子、崇敬者のみなさんがなごんでいただけるよう努めています。
一層のご支持をお願い申し上げます。
 
櫛田神社宮司



櫛田神社縁起略記

中殿に大幡主大神、左殿に天照皇大神、右殿に素盞嗚大神を祀る。
大幡主大神は天平宝字元(七五七)年に鎮座し、素盞嗚大神は天慶四(九四一)年、藤原純友の反乱の鎮圧に当たった小野好古が神助を祈願し山城(京都)祇園社から勧請した。天照皇大神についてはあまりに古くて記録にない。
中世、兵火に遭って度々、荒廃したが、天正十五(一五八七)年、秀吉公が博多町割(復興)の実施とともに現社殿を建立、寄進した。古来、商売繁盛、不老長寿の”お櫛田さま“として篤い信仰を集めている。

 

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集
博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ facebookはコチラ