【飾り山笠】 九番山笠 キャナルシティ博多

<<飾り山笠紹介

 
                        
表標題

助六由縁江戸桜(スケロクユカリノエドザクラ)
                
人形師

置鮎 琢磨

内容説明
歌舞伎十八番の一つ。髭の意休と助六の恋のさや当てのようですが、実は助六とは曾我五郎時致。宝刀友切丸を探し出すため吉原で喧嘩に明け暮れていたのでした。
三浦屋の傾城、揚巻をはじめ華やかな江戸の粋がここにあります。


 
                             
見送り標題

分福報恩誉(ブンブクホウオンノホマレ)
                
人形師

置鮎 琢磨

内容説明お湯を沸かそうと火にかけたところ、『熱い!』と悲鳴をあげた茶釜を引き取った古道具屋さん。
やがてタヌキが化けたものだと知る。タヌキはそのまま元に戻れなくなってしまったというので、古道具屋さんは面倒を見てやった。タヌキは御礼にと、分福茶釜と銘打って古道具屋さんと見世物小屋を開き曲芸をして人気を博した。

総務:古池 善司

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ facebookはコチラ