令和四年度 博多祇園山笠

  • <<前へ
  • [ 25件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

お詫びと訂正 の お知らせ(しおり広告)

 お詫びと訂正 の お知らせ この 度 6 月初旬 か ら 福岡県内外 にて 、博多祇園山笠 宣伝隊 の PRおよび 、 ご協賛企業 ・ 店舗 ・ 施設 な ど 各所 で 配布 し て お り ま す 『 2022 年 令和 4 年 版 山笠しおり 』におきまして、裏面広告面中央の行事日程で下記の記載ミス誤植...

詳細を見る>>

 「博多祇園⼭笠」応援プロジェクトを開始いたしました︕

 ユネスコ無形⽂化遺産 博多祇園⼭笠を後世へ︕ 2022年応援サポーター募集︕  このプロジェクトは「博多祇園⼭笠を後世へ繋いでいく」ことを目的としてスタートしました。  博多祇園⼭笠は、毎年7⽉1⽇から15⽇まで開催される780年以上続く伝統⾏事です。  新型コロナウイルスの影...

詳細を見る>>

飾り山笠紹介(令和四年度)

 飾り山笠は、7月1日から15日の午前0時まで福博の町、14ヶ所で公開される。 櫛田神社に向いた面を「表」とし、その裏側を「見送り」と呼ぶ。 それぞれ 博多人形師による絢爛豪華な人形が飾られ、「表」には武者物、「見送り」には童話やテレビアニメが題材になることが多い。 以前は高さが15、6メートルあった山笠を舁...

詳細を見る>>

舁き山笠紹介(令和四年度)

 十数か町(旧町)を束ねた組織の呼称。 今では博多祇園山笠や博多松囃子といったお祭りで耳にするだけであるが、江戸時代を通して日常生活に密着した自治組織だった。現在の校区自治連合会に相当するといえるのではないか。 大陸貿易で栄えた博多は戦国時代、せめぎ合う大名、豪族の争奪の場となり、兵火に遭って焼け野原と化した...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 番外 櫛田神社

<<飾り山笠紹介 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら) 中村 信喬 平安時代末期、源平合戦の最終決戦である「壇ノ浦の戦い」で源義経率いる源氏は平家を滅ぼします。 平家討伐の大功(たいこう)を立てた義経は、後白河法皇から禁裏(きんり)の重宝「初音(はつね)の鼓(つづみ)」を賜ります。 しかし、その鼓...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 四番山笠 東流

<<飾り山笠紹介 源九郎義経伝説(みなもとのくろうよしつねでんせつ) 白水 英章 源九郎義経の後世に語り継がれる逸話を表、見送りに渡って描いています。表は「勧進帳」。歌舞伎の見どころとなる一場面、都落ちした義経一行が、山伏に扮して安宅の関を超えようとした際、関守の富樫泰家に見咎められ、弁慶の機転でその場を切り...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十六番山笠 ソラリア

<<飾り山笠紹介 剣撃大蛇素戔嗚尊誉(けんげきだいじゃすさのおのみことのほまれ) 置鮎 正弘スサノオノミコトの豪快な英雄譚は『日本書紀』や『古事記』の神話の章での読みどころの一つで、中でもスサノオがヤマタノオロチを退治して体内から得た「クサナギノツルギ」が後の王権の象徴とされており、また、生贄とさ...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十五番山笠 川端中央街

<<飾り山笠紹介 京牛若丸伝(きょううしわかまるでん) 中野 親一 武蔵坊弁慶は、大変な乱暴者として、京の町の人々に恐れられておりました。その弁慶が、千本の太刀を奪うという願を立て、道行く人を襲っては太刀を奪い取り999本までになりました。そして、あと一本というところで、五条大橋を笛を吹きながら通...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十四番山笠 キャナルシティ博多

<<飾り山笠紹介 弁慶衣川大奮戦(べんけいころもがわだいふんせん) 川﨑 修一平家を壇之浦で滅亡させた源義経は、兄の鎌倉殿頼朝から疎まれ追討の命が出され、奥州平泉の藤原秀衡の元に落ち延びた。しかし当主が藤原泰衡に代わると、泰衡は頼朝の命令で義経主従を衣川高館に急襲した。義経の家来の弁慶は獅子奮迅の...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十三番山笠 博多駅商店連合会

<<飾り山笠紹介 いざ、鎌倉(いざ、かまくら) 白水 英章 平治の乱で一度敗れ島流しとなっていた頼朝は、お目付役の北条氏の力を借り源氏再興を計ります。離散していた兄弟や坂東武士たちを束ね合戦を重ね、いよいよ範頼、義経らの活躍により一の谷、壇ノ浦の合戦で平家方に勝利し鎌倉幕府を確立します。御家人達は...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十二番山笠 福岡ドーム

<<飾り山笠紹介 奪取 玄海鷹(だっしゅ げんかいたか) 中野 浩 もっと!前へ!もっと!攻めて!もっと!限界を超えて!もっと!ガムシャラに!もっと!ハングリーに!もっと!パワフルに!自己成長のため。チームの勝利のため。ファンの笑顔のため。3つの「もっと!」を心に秘め、日本一に突き進め。ホークスは...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十一番山笠 渡辺通一丁目

<<飾り山笠紹介 新選組風雲録伝(しんせんぐみふうんろくでん) 中野 親一 千八百六十四年七月八日深夜、京都三条木屋町池田屋に潜伏の長州藩・土佐藩の尊王攘夷志士を新選組近藤隊が襲撃した。志士たちによる御所焼き討ちの計画もあり、これを未然に防いだとして新選組の名声はいやが上にも高まっていった。 愛と...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 十番山笠 天神一丁目

<<飾り山笠紹介 天神縁起傳(てんじんえんぎでん) 中村 信喬 菅原道真公は幼名を阿呼(あこ)と呼ばれた頃より学問に秀で、長じて右大臣に任ぜられ、活躍しました。ところが讒言により大宰府に左遷されます。見かねた老婆が梅の枝に刺した餅を差し入れたそうです。菅公は失意の中でも、門弟の味酒安行(みさけやす...

詳細を見る>>

【飾り山笠】 九番山笠 博多リバレイン

<<飾り山笠紹介 西国無双忠節誉(さいごくむそうちゅうせつのほまれ) 生野 四郎 立花宗茂は、「西国一の強者」と称された百戦錬磨の武将。立花家の家督を継いでいた道雪の娘・立花誾千代(ぎんちよ)と結婚して婿養子となり、誾千代に代わって道雪から家督を譲られた。天正14年(1586年)島津軍は九州統一の...

詳細を見る>>

【舁き山笠】 六番山笠 西流

<<舁き山笠紹介 御名應稱倭建命(みなは まさに やまとたけるのみこと とたたうべし) 西川 直樹 [古事記]に依ると、小碓命(ヲウスノミコト)と呼ばれた倭建命は、第十二代景行天皇の皇子としてお生まれになり、第十四代 仲哀天皇の父。古代日本最大のヒーローである。景行十二年、倭王権に抵抗した熊曾の征...

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 25件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ Facebook