【舁き山笠】 六番山笠 中洲流

<<舁き山笠紹介                                     
                                                                                                                     
表標題
 
神武中洲志(じんむちゅうしゅうをこころざす)
                

人形師

溝口 堂央


内容説明
初代天皇である神武天皇は、大業を広め天下を統治するために日向から世界の中心地 中洲を目指し
東へ旅立ちます。
幾多の試練や苦難を乗り越えついに大和を平定し中洲(橿原(かしはら))の地に宮殿を建設し日本を建国致しました。
この場面は最終決戦 長髄彦との戦いで金色の「霊鵄(くしきとび)」が飛来し、天皇の弓弭(ゆはず)に止まろうとしている場面です。
令和が平穏で明るい時代にと願いを込めて制作致しました。


総務:清武 義孝

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ Facebook