【飾り山笠】 七番山笠 中洲流

             <<飾り山笠紹介
          

表標題

長政関ヶ原武勲(ながまさせきがはらのぶくん)
                                  
人形師

三宅 隆内容説明慶長五年(一六〇〇年)九月十五日、美濃国関ケ原で徳川家康方の東軍と石田光成方の西軍が激突。
世に言う『関ケ原合戦』である。この戦いで東軍に加わった黒田長政は合戦の先陣を務めて大いに武功を表した。戦いは一進一退の攻防を繰り返したが、午後に至り小早川秀秋の裏切りによって西軍は総崩れとなり、東軍の勝利で幕を閉じた。
この時小早川秀秋に裏切りを勧めたのが黒田長政で、戦いの後徳川家康が長政の手を取り感謝したと言われている。この関ケ原の武勲によって黒田長政は筑前国五十二万石を賜り、同年十二月豊前国中津城より小早川秀秋の居城であった名島城に移った。しかしこの城が五十二万石にはふさわしくなく、翌年から七年をかけて那珂郡警固村の福崎に新しく城を築き、城下町を出身地にちなんで福岡と名付け、ここに黒田藩の基礎が確立された。
 

見送り標題

壮烈岩屋城之戦(そうれついわやじょうのたたかい)
                  
人形師

溝口 堂央

内容説明
一五八六年九州制覇を目指す薩摩の島津義久は、最後の抵抗勢力である大友家の家臣筑前の髙橋紹運のもとに島津忠長伊集院忠棟を大将とする二万の大軍を進軍させた。同年七月岩屋城(現四王寺山)に髙橋紹運は七六三名と籠城、島津軍は再三の降伏勧告をするも落ち目になったとしても主君は裏切れないとし応じず徹底抗戦した為、島津軍は総攻撃に出る壮絶な戦いの後ついに紹運は髙櫓にて割腹して果てた。紹運以下七六三名全員が討死自害して、戦いの幕は降りた。島津勢も死傷者三千名ともいわれ態勢を立て直すのに時間を要し立花宗茂(髙橋紹運の実子)が籠る立花山城への攻撃も鈍り、その間に豊臣勢二十万が九州に上陸し九州制覇という島津の野望は叶わなくなった。
 
総務:比山 善博

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ Facebook