【飾り山笠】 博多リバレイン

<<平成二十四年度バックナンバー
博多リバレイン
 

表標題

東北乃雄独眼竜とうほくのゆうどくがんりゅう

人形師

置鮎 琢磨

内容説明

東北乃雄独眼竜 豊臣秀吉により旧仙台藩領を与えられた伊達政宗は、新田開発・河川改修に着手し北上川・迫川・鳴瀬川・阿武隈川などが年中氾濫し、流域の多くは未開墾の原野だったものを有数の米所に開拓した。
正宗は伊達家飛領に隠棲していた川村孫兵衛が測量・水利・土木技術に明るいことを知り、仙台に招き北上川流域の整備工事にあたらせた。孫兵衛は北上川に注いでいた北上川の本流を迫川・江合川と合流させ、仙台城下に近く大型船の寄留も可能な石巻湾に向かう流路を開いた。
これにより沿岸各所の米集積所と石巻を結ぶ舟通も飛躍的に向上した。
 



見送り標題

祭博多飛翔まつりはかたのひしょう

人形師

生野四郎

内容説明

祭博多飛翔 長谷川法世さんの代表作「博多っ子純情」を題材とした飾り山笠です。登場人物の紹介 主人公 郷六平。父の五郎は博多人形の職人、母はスミ。 子供の頃から博多祗園山笠に毎年出ている「山笠命」の博多っ子。山笠で所属している流は架空の「博多流」。中学は博多三中、高校は石堂高校(県立福岡高校 がモデル)。高校ではラグビー部に所属し、全国高校ラグビー大会(花園)に出場する。一浪後に東京の大学に入る。父親が脳溢血で倒れたのを機に大学を中退 し、博多人形師になることを決意する。
小柳類子 料亭「こやなぎ」の三女で、中学時代からの六平のガールフレンド。
阿佐道夫 中学、高校、大学と六平のクラスメイト。六平と流は違うが山笠には欠かさず出ている。
黒木真澄 中学、高校と六平のクラスメイト。六平・阿佐とは別の流だが、高校まで山笠に出ていた。
 
総務 池田道彦

 

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ Facebook