【舁き山笠】 大黒流

<<平成二十四年度バックナンバー
大黒流
 

表標題

余香馥郁大楠恩よこうふくいくたりだいなんのおん

人形師

宗田 智幸

内容説明

余香は消えず残っている香。転じては過去に受けた忘れられぬ恩恵。馥郁は豊かに香るさま。良いお香や花は、その漂ってくる香りに貴賓が感じられる。人もまた同じ。その人柄か、人徳か、良い評判や影響がどこからともなく香ってくる。
謝国明は宋国出身で鎌倉時代前期に博多に居住し、同じ宋人の貿易商人達の中心人物として日宋貿易で活躍し、博多の町の発展に大きな役割を果たした大恩人で ある。また山笠発祥の寺院として知られる承天寺を建立、聖一国師を開山としてお迎えすると共に、飢饉の際には博多の人々にそばを振舞い、これが年越しそば の起源と云われている。大楠様とは謝国明の通称名である。
 
総務 眞鍋儀平

広告協賛企業募集
当サイトへの広告募集博多祇園山笠公式ガイドブック・広告のお問合せ Facebook